未分類

クレジットカードは任意整理できるのか。債務整理後でもカードを作れる?

頭を抱える男性

「クレジットカードの借金を任意整理できるのか知りたい」
「任意整理したら二度とクレジットカードは作れないの?」

こんな疑問を持っているかたは多いです。債務整理はネガティブなイメージもあるので、不安になってしまいますよね。

そこでこの記事では、クレジットカードと任意整理について詳しく見ていきます。ぜひ参考にしてみてください。

任意整理とは

任意整理とは債務整理の一種です。債権者と交渉することで、未来の利息をカットしてもらったり、分割払いを長期にしてもらったりできます。

利息のカットなどは比較的容易ですが、借金の元本自体を減らす交渉は難しいでしょう。

任意整理は債務整理のなかで、最も多く利用される手続きです。

クレジットカードの借金も任意整理できる

クレジットカードで借りたお金も任意整理できます。クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能がありますが、どちらの借金も任意整理に対応しています。

クレジットカードを任意整理するデメリット

クレジットカードを任意整理すると、金利の支払いが免除されるなどのメリットもありますが、一方でさまざまなデメリットも発生します。

事故履歴が信用情報機関に保存される

クレジットカードを任意整理すると、その事故履歴が信用情報機関に5年間は保存されます。いわゆる「ブラックリストに載る」という状態ですね。

この期間中は新たにクレジットカードを作ったりローンを組んだりするのは難しいでしょう。

賃貸物件に入居できないことがある

事故履歴があると、賃貸物件の入居審査に落ちることがあります。これは家賃保証会社を利用している物件の場合です。

家賃保証会社とは、物件を借りた人が家賃を払えなかった場合、一時的に家賃を立て替えてくれる会社のこと。

この家賃保証会社が、物件を借りる人の信用情報を照会することがあるのです。

クレジットカードに紐付いている支払いの変更が必要

例えば携帯電話料金をクレジットカード払いにしている場合、任意整理してしまうと料金が支払われず、携帯電話が使えなくなってしまいます。

保険料や公共料金の支払いなども、事前に支払い方法を変更する必要があるでしょう。

クレジットカードのポイントがなくなる

任意整理をすると、クレジットカードで貯めていたポイントも失効されます。

ポイントがある程度貯まっているかたは、任意整理をする前にポイントを消費しておいたほうが良いでしょう。

債務整理が終わったら再度クレジットカードを作れる?

債務整理が終わって5年経ち、信用情報機関から事故履歴が消されれば、再度クレジットカードを作れます。

ただし債務整理をおこなったカード会社では、クレジットカードを作れないので注意が必要です。

事故履歴が残っている状態でクレジットカードを使いたい場合は、自分名義以外の家族カードなら利用可能です。

家族カード以外で電子決済を利用したい場合は、口座の残高分だけクレジットカードのように使えるデビットカードや、電子マネーを手に入れましょう。

債務整理後にクレジットカードを作るコツ

ここでは債務整理後にクレジットカードを作るコツについて見ていきましょう。

同時期に複数のカード会社に申し込まない

これは「申し込みブラック」とも呼ばれる行為です。同時期に複数のカード会社に申し込むと「お金に困っているのではないか」と思われ、審査に通りにくくなります。

キャッシング枠を0円にする

キャッシング枠を申し込むと、審査担当者にお金に困っている印象を与えやすくなります。

キャッシング枠を50万円以上に設定すると、収入証明書の提出も必要になります。

キャッシング枠はできるだけ0円に近づけましょう。

過払い金が発生している場合もあり

クレジットカードでキャッシングも利用しているかたは、過払い金が発生している場合があります。

過払い金があれば元本の返済額と相殺できるので、返済の負担が減ります。

過払い金があるかどうか気になるかたは、弁護士に相談すると良いでしょう。

ヤミ金に注意

信用情報機関に事故履歴が残っている状態で、お金を貸してくれる金融機関があった場合は注意が必要です。ヤミ金の可能性が高いです。

この場合は絶対に借りてはいけません。犯罪に巻き込まれたり、支払額以上の金額を脅し取られたりする恐れがあります。

万が一ヤミ金と関わりを持ってしまった場合は、すぐに弁護士に相談しましょう。

まとめ

クレジットカードは任意整理が可能です。ただし事故履歴が残ったり、特定の賃貸物件が借りられなくなったりするので注意が必要です。

事故履歴が消えた後は再度クレジットカードを作れますが、複数の会社に同時に申し込んだりせず、焦らないことが大切です。

任意整理をするかたの多くは、浪費癖がある場合が多いです。お金を管理する方法を学んだり、身の丈に合った生活レベルを維持したりなど、対策が必要でしょう。