未分類

債務整理でブラックリストに載る期間は何年?任意整理の流れ

ブラックリスト

「債務整理して後は、どのくらいの期間ブラックリストに載るの?」という疑問をお持ちのかたも多いでしょう。

ブラックリストに載ってしまった場合、クレジットカードやローンなどが利用できなくなります。ただしこれは一生続くわけではありません。

この記事では「ブラックリストには何年載るのか」「任意整理の流れはどうなっているのか」といった疑問について詳しく解説していきます。

債務整理でブラックリストに載る期間について

債務整理でブラックリストに載る期間は以下の通りです。

・任意整理…5年
・個人再生…5~10年
・自己破産…5~10年

債務整理による返済が滞った場合は再度ブラックリストに載る

任意整理や個人再生で返済額が減額した後でも再度返済が滞ると、当然ブラックリストに載ります。

ブラックリストに載るタイミング

ブラックリストに載るタイミングは次のとおりです。

・任意整理…債権者と和解した日
・個人再生…再生手続きの開始日
・自己破産…免責許可の確定日

ただしブラックリストから事故履歴が消えるまでの期間を数えるには、借金を返済し終わった日からのカウントが必要です。

信用情報機関に登録される内容

信用情報機関には債務整理以外にも、さまざまな情報が登録されます。具体的には次のとおりです。

・債務整理の情報(5年間)
・延滞中の情報
・延滞を解消した履歴(延滞後1年間)
・残債額や入金履歴など(5年間)
・官報に載った民事再生や自己破産の情報(10年間)

信用情報機関の種類

信用情報機関には次の3つがあります。

・株式会社日本信用情報機構(JICC)
・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)

全国銀行個人信用情報センターには、個人再生と自己破産の履歴が10年残ります。

任意整理の流れ

ここでは債務整理の中でも一番多くおこなわれている、任意整理の流れについて見ていきます。

任意整理は個人でも不可能ではありませんが、債権者との交渉があったりと、難易度がが上がります。ここでは弁護士を介した場合について見ていきますよ。

弁護士に依頼する

まずは弁護士や司法書士に任意整理の手続を依頼しましょう。

まずは弁護士に連絡し、1~2回ほど面談をおこないます。その後弁護士と数回ほど電話で打ち合わせをしながら、任意整理の手続きをしてもらいましょう。

任意整理の手続きには3カ月~半年ほどかかりますが、借金の督促は弁護士に依頼してから1週間以内でストップする場合が多いです。

借り入れの件数が多いと、任意整理にかかる期間も長くなり、弁護士費用も高くなります。

任意整理には3~5年かかる

任意整理を弁護士に依頼し、返済が終わるまでには3~5年期間がかかるのが一般的です。

この期間でも返済が難しい場合は、弁護士の交渉力によりますが、返済期間を5年以上に延ばせる可能性もあります。

ブラックリストに載る期間は完済してから

先ほども少し触れましたが、3~5年かけて借金を返済したら、今度は完済から5年のブラックリストに載る期間があります。

この期間はクレジットカードを作ったりローンを組んだりできないこと以外にも、子供の奨学金の保証人になれなかったり、携帯電話の分割購入ができなかったりと、さまざまなデメリットがあります。

過払い金がある場合も

過払い金とはその名の通り、払いすぎた返済額のこと。金利が高い貸金業者から借りていた金額を利息制限法に従って計算し直すと、差額分が返ってくる場合があります。

債務整理をする際、過払い金があれば返済額を減らせます。

過払い金が発生する場合

どんな場合に過払い金が発生するのでしょうか?

2010年6月18日に貸金業法等が改正される以前からお金を借りていたかたは、過払い金がある可能性が高くなります。

利息制限法の上限金利は15~20%ですが、かつての出資法では29.2%が上限でした。利息制限法と出資法との誤差は「グレーゾーン金利」と呼ばれていました。

このグレーゾーン金利の分が過払い金になるわけです。

ちなみにグレーゾーン金利は2020年現在は廃止されています。

過払い金が発生しない場合

過払い金が発生するのは消費者金融からお金を借りていた場合です。銀行カードローンを利用している場合や、利息制限法の上限金利内でお金を借りている場合は、過払い金は発生しません。

また過払い金が発生するのはクレジットカードの「キャッシング機能」を使った場合のみで、「ショッピング機能」のみを利用していた場合には適用されません。

まとめ

債務整理などの借金問題は早めに解決するのがおすすめです。借金の返済や債務整理の手続きを長引かせてしまうと、ブラックリストに載る期間も長くなり、今後の人生に悪影響が出ることも考えられます。

借金問題を自力で解決するのが難しい場合、なるべく早く弁護士や司法書士に相談しましょう。

過払い金についての相談も、弁護士に依頼するとスムーズですよ。